借りる前に知っておこう!カードローン返済の豆知識

金利・利息の計算方法

2014-10-16

カードローンやキャッシングを利用する際に必ず理解しておかなければならないのが、利息です。カードローンは元金と利息の合計金額を返済していくので、自分が利用しているローンでどれくらいの利息を支払っているのかを把握することが大事です。
元金とは実際に借りたローンの金額を指します。元金に対して一定の比率をかけて出てくる手数料を利息と言います。この一定の利率を金利と言います。カードローンの金利は年率で表示されます。つまり、18%金利のカードローンは、1年間で18%の利息がつくことになります。ただし、借りた日数だけ利息がかかることになるので、利息を計算するには何日借りたのかという情報も必要になってきます。
例えば、年利18%のカードローンで10万円を借りて、3ヶ月後返済した場合、利息は10万円×90日×18%÷365日=4438円になります。頑張って1ヶ月で返済した場合、利息は10万円×30日×18%÷365日=1479円になります。このことからも分かるように、ローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくなります。ローンの総支払額を少なくするにも、出来るだけ繰り上げ返済などを利用して短期間で完済することが大事です。

最新のお知らせ

過去のお知らせ

Copyright© 2014 借りる前に知っておこう!カードローン返済の豆知識 All Rights Reserved.